すそわきが対策

【自分でできる!】「すそわきが」のセルフチェック

更新日:

すそわきがの臭いを抑えましょう

すそワキガの臭いは、自分ではなかなか気づきにくいものです。

毎日嗅いでいると臭いになれてしまうからで、今の自分がすそワキガの臭いがするか普段から気になっている人も多いでしょう。

できるだけ他人に臭いで迷惑をかけたくない、すそワキガと気づかれたくないと思うのは当たり前のことです。

「生活習慣を整える」「食生活に気を遣う」「汗をこまめに拭き取る」など、すそワキガの臭い改善方法はあります。

すそワキガは遺伝なためどうしようもない、と思うかもしれません。

しかし上記のことを始めるだけで、体臭の改善もできます。

根本的にすそワキガの臭いを全くなくす、というのは難しいでしょうが、食生活や生活習慣に少し気を遣って臭いの原因となる汗を拭きとるだけでもいいです。

臭いが減少しますので、悩んでいる方は試してみてください。

自分でできる!すそわきがのセルフチェック

すそワキガ対策は、特別な道具なども必要なく今すぐ始められるものもあります。

それは「食生活」「生活習慣」を変えることです。

自分はどうか、チェックしてみましょう。

まずは食生活から見ていきます。

もし、脂身の多い肉類や乳製品が大好物でよく食べる、にんにくやニラなど香りの強い物が好きならば要注意です。

そもそもすそワキガの原因は、アポクリン汗腺というところから出た汗と皮脂からでた脂肪酸が混ざって臭いが発生します。

そのため、皮脂からの脂肪酸を抑えることが臭い対策になるというわけです。

脂身の多い肉類や乳製品を多く摂ると、脂肪酸が増えやすくなります。

脂身の多い肉と乳製品を控えるだけでも、脂肪酸が出にくくなって臭い対策につながるというわけです。

そして人間の汗は食べたものに影響されやすいので、臭いが強いにんにくやニラを食べれば、その分臭いが強い汗が出やすくなります。

すそワキガの臭いが気になるならば、にんにく・ニラも控えるようにしましょう。

【いつも食べている物は大丈夫?】ワキガにいい食べ物と悪い食べ物とは?

わきが体質を増やす食生活 ワキガの原因は遺伝が多いと考えられていますが、それ以外にも原因があります。 それは「食生活」です。 昔の人たちは清貧な食事が多かったことに対して、現代では食の欧米化が進んでい ...

続きを見る

次に生活習慣です。

ストレスを強く感じている・夜型生活や不規則な生活習慣で過ごしている方も要注意でしょう。

実は強いストレスや不規則な生活は、すそワキガの原因となっている脂肪酸が多く出やすくなります。

ストレスで過食に走る方も多いため、生活習慣を整えることはすそワキガ対策になるというわけです。

「食生活」「生活習慣」を見直して、心当たりがあれば変える努力をしてみましょう。

さらにこまめに陰部の汗の処理をしていないならば、こちらも要注意です。

アポクリン汗腺から出る汗と脂肪酸が混ざらなければ臭いが発生しないので、ウェットティッシュなどで汗をこまめにふくこともすそワキガ対策になります。

面倒だと感じたら、専用の対策クリームを使うとお手軽です。

【緊張・ストレスは大敵】生活習慣がワキガ悪化の原因に!?

ワキガのニオイがキツくなるのは「緊張やストレス」を感じている時 脇の下は蒸れやすい特徴を持っていて、ワキガの原因と言われている皮膚常駐菌が繁殖しやすいです。 正確に言えば、皮膚常駐菌とアポクリン汗腺の ...

続きを見る

すそわきがチェック項目

もしかして自分もすそワキガかもしれない、と思ったらセルフチェックをしてみましょう。

チェック項目は以下の通りです。

1つでも当てはまればすそワキガかもしれない

・わきの下のワキガである
・陰部の臭いを他人から言われたことがある
・親や祖父母などにワキガの人がいる
・耳垢が湿っている
・下着に黄色いシミがついていることがある
・トイレのときに陰部の臭いが気になる

もしこれらの項目にいくつか心当たりがあれば、すそワキガかもしれません。

また他にも、乳輪やへその辺りが臭う・陰毛が濃い・乳製品や脂身の多い肉がすき、という方もすそワキガの可能性は高くなります。

これらの項目に当てはまったら、すそワキガかもしれないと思って対策を早めに始めるといいでしょう。

すそわきがの臭いはチーズ臭?

陰部って下着などで蒸れやすいし、場所が場所なので臭いやすい場所でもあります。

どんな臭いがしたらすそワキガなのか、気になる方も多いでしょう。

すそワキガの臭いは、お酢のようなすっぱい臭い・チーズが腐ったのような臭いとも言われます。

他にも鉛筆の芯や腐った雑巾・クミンのような臭いと例えられることもあり、感じ方はそれぞれです。

自分では気づかない方が多く、他の人に臭いを指摘されて気づく人が多いので、もし他の人に臭いを指摘されたらそれがすそワキガの臭いだと思っていいでしょう。

すそわきがは、脱毛で軽減できる

すそワキガの臭いが気になる人は、Vラインの脱毛をしてみましょう。

脱毛をすることで雑菌の繁殖を抑えることができます。

雑菌が増えるとすそワキガの臭いの元になっていまうのです。

そのためできるだけVラインの脱毛をして、雑菌が増えにくい環境に整えてあげましょう。

エステで脱毛するのはスタッフの方にすそワキガと気づかれるのが嫌と感じる人もいたり、単純にデリケートな場所だから頼みにくいという人もいます。

わざわざエステに行かなくても、自分で処理するだけでも大丈夫です。

カミソリは不安ならば専用の電動シェーバーなどを使うと、きれいに処理しやすいでしょう。

 女性に多い「すそわきが」はフェロモンの匂い

すそワキガは男性よりも女性の方が多いです。

すそワキガを発症するのが多いというか、臭いがきつくなる要素が女性の方が多いと思ってください。

女性は毎月の生理によって、ホルモンバランスが変わりやすく、その影響で臭いが変わることが多くなります。

すそワキガの臭いにも影響されるため、独特の臭いが強く感じられる人が多いというわけです。

そしてその生理の経血や、生理以外にもおりものという分泌物が出てくるため、陰部が蒸れやすくなります。

その結果、すそワキガの臭いと混ざって、さらに強い臭いが感じられるようになるというわけです。

仕事や学校へ行っていると、生理中でもこまめにナプキンを交換することができなくて、雑菌が繁殖しやすくなります。

雑菌が繁殖してしまうと、経血の臭いとすそワキガ臭がさらに強くなるので、女性は生理時には特に気を遣ってください。

【出産とデリケートゾーンの臭いとの関係】妊娠、出産後にすそわきがの症状が出るの?

妊娠した時や出産後の臭い 妊娠した時や出産後に、自分の体臭が気になる、デリケートゾーンの臭いが強いという女性は多いです。 妊娠や出産後にすそわきがになるのは、汗の量や質の変化、ホルモンバランスが乱れる ...

続きを見る

すそワキガ=不快な臭い、と捉える人が多いでしょう。

しかしすそワキガの臭いを、フェロモンのいい匂いと考えている方もいます。

これは古代までさかのぼる話になりますが、昔の人の中にはすそワキガはフェロモンとして、異性をひきつけると考えていた人もいました。

現代でもそう考える人もいて、いわゆる「ワキガフェチ」と呼ばれる人です。

このような考えを持っている人と出会えれば、すそワキガはフェロモンとして良い匂いである、という説も納得いくでしょう。

ただしあくまでも「ワキガフェチ」は1部の人であり、全ての人が良い匂いと考えているわけではありません。

すそワキガの臭いを不快と感じる人も多いため、周囲の人に迷惑をかけないために最低限の臭い対策をすることはマナーと言えるでしょう。

専用の対策クリームを使ったり、食生活や生活習慣を整えるだけでも臭いは変わります。

「すそワキガはフェロモンになる」とプラスの考えを持つことはもちろん良いことですが、開き直りすぎないようにしましょう。

「陰部のにおい」と「すそわきが」

陰部から臭いがしたら、全てがすそワキガというわけではありません。

クラミジアやカンジタ菌など、いわゆる性病でも臭いがすることがあります。

さらに子宮がんの場合でも、臭いがすることがあるので、全てをすそワキガと考えることは危険です。

もしいろいろな臭い対策をしても一向に改善が見られない場合は、これらの病気が原因の可能性があります。

素人の自己判断は危険ですから、早めに病院を受診してください。

婦人科や皮膚科、形成外科や美容外科ですそワキガは診てもらえます。

悩んだときはまずこれらの科がある病院を受診して相談してみましょう。

すそわきがの改善は病院に行くべき?

すそワキガを病院で診てもらおうと思ったら、皮膚科・形成外科・美容形成外科か美容外科へ行きましょう。

気になる治療方法ですが、薬を使う・手術をするの2つの方法が代表的なものとなります。

皮膚科では内服薬や外用薬が主になり、形成外科ではいわゆる「切る手術」をすると思ってください。

ちなみに美容形成外科や美容整形外科の場合は、切る手術以外にもボトックスやビューホット治療などの「切らない手術」をしてくれるところも多いです。

では効果はどうかというと、まずは薬を使う場合です。

皮膚科では内服薬や外用薬を主に処方されることが多くなります。

これらはあくまでも、すそワキガの症状を根本的になくすのではなく、臭いの軽減を目的とした対処療法です。

そのため一時的な効果しか望めないことや、外用薬で陰部周辺がかぶれてしまう方も多いのがデメリットと言えます。

根本的にすそワキガをなくしたいならば、切る手術をしてくれる形成外科や美容形成外科・美容外科へ相談してください。

しかしすそワキガ手術は、切ることで皮膚が腫れてしまったり手術費用が高額になるというデメリットがあります。

その分ボトックス注入などで臭いを軽減できる「切らない手術」は、費用が安めでリスクも減らせると注目されているものです。

ただしボトックス注入の場合は効果が半年程度しか望めません。

定期的な注入が必要となるので、その分時間とお金はかかります。

このように、医療に頼ることですそワキガの症状を抑えることは可能です。

しかしどれもデメリットがあるため、まずは自分で気軽に試せるすそワキガ専用のクリームから始めるといいでしょう。

すそわきがに最も効果的な対策とは?

すそワキガは、自分でセルフチェックをして症状に気づくことができれば、臭い対策をすることが可能です。

病院はハードルが高い、費用が心配という場合は、すそワキガ専用クリームを購入して塗るだけでも対策は十分と言えます。

通販で気軽に購入ができるものが増えてきていますから、誰にも気づかれることなくこっそり対策もできるのです。

実際にすそワキガ専用のクリームを使うことで、多くの方が臭いを気にしすぎることなく生活できています。

悩んでいるならば病院へ行く前に、専用クリームで気軽に臭い対策してみましょう。

【クリームで抑えよう】すそわきがの臭いってどうなの?

独特の臭いニオイがする「すそわきが」 わきがのニオイは強烈だ、とても嫌なニオイがすると言われていますが、実際にどんなニオイかわからないという人も多いです。 わきがは脇が臭い場合と、すそわきがといってデ ...

続きを見る

-すそわきが対策

Copyright© APARTE-MEDIA , 2020 All Rights Reserved.