わきが対策

【なぜ気づかないの?】自覚のないワキガの臭い

更新日:

他人からすれば強烈な臭いを発しているはずのワキガなのに、当の本人は全く自覚がないということは珍しくありません。

このため「自分では分からないけれど実は私、ワキガなのかも?!」と心配になる人もいれば、身近な人のワキガに困らされているのに本人が気づいてくれないのでどう伝えたらよいか分からない……というケースもあるでしょう。

ではまず、そもそも何故本人は気づきにくいのかを分析してみましょう。

自分のワキガはなぜ気づかないのか

そもそも体臭に限らず、口臭や住んでいる「家のニオイ」などは、本人は気づきにくいものです。

というのも、人の嗅覚には順応性があり、同じニオイを長時間鍵続けているとそのニオイに慣れて何も感じなくなってしまうからです。

自分のニオイですから24時間365日嗅ぎ続けていることになり、嗅覚が順応あるいは麻痺してしまうのは当然のことですが、特にワキガの場合遺伝が関係しているため、一緒に住んでいる家族も同様にワキガであるケースも珍しくありません。

このため子供の時からずっとワキガの臭いに慣らされてしまい、自身のみならずワキガの臭いそのものに気づかなくなってしまう可能性もあります。

また、他のニオイが強すぎてワキガの臭いに気づけないということもあります。

例えば喫煙者、それもヘビースモーカーであれば家中、また自分の身体にもワキガ以上に強烈なタバコの臭いが染みついていることがありますし、ワキガ臭を消してしまうくらい強い香水を沢山付けている人も同様です。

他の理由としては、ワキガのレベルが軽度でそれほど強い臭いを発していないというケースも考えられます。

前述の通り元々人は自分の臭いには気づきにくいものですが、軽度で臭いが弱いなら尚更のこと、本人は気づきにくいでしょう。

たまたま嗅覚の鋭い人が周囲にいた場合に、「あれ?この人、ワキガかも……」と気づいてしまうかもしれません。

【自分で簡単に確認】ワキガはセルフチェックできる

簡単セルフチェックの項目(4-5個なら危険) 簡単セルフチェックの項目として7つ挙げられます。 ポイント 1つ目は「親がワキガである」 2つ目は「脇汗を大量にかく」 3つ目は「脇毛が白くなっている」 ...

続きを見る

更に言えば、それほど多くないケースとは言え、本人の嗅覚が正常に働いていないという可能性もあります。

鼻炎やアレルギーなどで慢性的に鼻詰まりを起こしている場合や加齢などにより嗅覚も衰えている場合には、ワキガの臭いも感じにくく自覚できないことがあります。

以上のことからワキガは自覚しにくいものなのですが、とは言えやはり汗をかいた時に自分の脇にニオイを感じたり、汗をかいた後のシャツを匂ってみて「あれ?臭いな」と感じたりすることはあるはずです。

前述の通り自分のニオイに関しては嗅覚が慣れてしまっているので気づきにくいため、周囲の人が感じるような強烈な臭いは感じません。

それでも「何となく臭い……」と言う程度には気づくことがあるのです。

それでもそこで自分がワキガでは……と疑わない人がいるのは、それを「単なる汗臭さ」と誤解するため。

「汗をかけば誰しも汗臭くなる」というのはその通りですが、ワキガと汗臭さは全くの別物。

しかしワキガの知識に乏しい人は自覚しにくいことも手伝って、ワキガの臭いを汗臭さと混同してしまうのです。

このため何となく臭いを感じた時にデオドラントスプレーでケアしようとしますが、実際にはデオドラントスプレー程度では対処しきれていません。

【失敗例から学ぶ】ワキガ手術の前に必ず確認すべき注意点

ワキガは手術で治る? ワキガの手術方法としては主に4つあります。 術後にすっかり治るかどうかは、どの手術方法を選択するかにも大きく依存しています。 剪除法 1つ目は「剪除法」です。これは脇の皮膚を4c ...

続きを見る

ワキガの見分け方

従って、何となく自分が臭うように感じるなら、念のためワキガかどうかを見極めるチェックを行いましょう。

ワキガチェックをしてみて、ワキガの疑いが濃厚であれば今すぐワキガ対策に乗り出すことで症状を改善できますし、逆にワキガでないことが分かればありもしない体臭に悩まされる必要もなくなります。

一番確実なのは、皮膚科で専門家にチェックしてもらうことです。

皮膚科では家族にワキガ体質の人がいるかどうかなどの問診や、ガーゼを脇に挟んでそのニオイを医師が嗅いでみてチェックするガーゼテストなどが行われます。

皮膚科まで行くのはちょっとハードルが高い……という人は、幾つかセルフチェックしてみると良いでしょう。

有名なのは耳垢チェックで、耳垢が柔らかく湿っている人はワキガ体質の可能性があると言われています。

これは本来一般的な汗腺であるエクリン汗腺が耳の中には存在しないのに対し、ワキガの原因であるアポクリン汗腺は耳の中にも存在することがあるため。

アポクリン汗腺の少ない人―ワキガ体質でない人―の耳垢は乾いているのに対し、耳垢が柔らかく湿っている人は耳の中にもアポクリン汗腺が存在する、つまりワキガ体質である可能性がある、と判断できるわけです。

これは皮膚科のワキガチテストでも行われることがあるチェック方法です。

【簡単にチェックできる】耳垢でワキガかどうかわかるの?

あなたの耳垢は湿っている?柔らかい? ワキガの原因となるのはアポクリン腺と呼ばれる汗腺から分泌される汗です。 このアポクリン腺は脇周りの他に、胸の周りやデリケートゾーン、そして耳の中に多く見られます。 ...

続きを見る

またアポクリン汗腺から出る汗は乳白色であるため、これが固まって腋毛に白い粉のようにして付いている場合があります。

制汗スプレーなどを使用していないのにそのような白い粉が付いていて、しかもその粉からツンとした臭いがするなら、ワキガの可能性があります。

またアポクリン汗腺の汗には色素成分が含まれているため、白いシャツにこれが付着して黄色いシミを作ります。

普通の汗染みとは違い、しっかり洗っても色やニオイが落ちないことが多いため、ここからもワキガ体質をチェックすることができます。

スメルハラスメントにならないように

「スメルハラスメント(スメハラ)」とは、職場で不快な臭いを発することにより周囲の人が仕事しづらくなってしまうことです。

2011年の東日本大震災後の電力不足のために職場のエアコン設定温度が上がり、体臭の問題が悪化したことからこの言葉が生まれました。

スメハラは時に集中力ややる気を低下させ、ひどい場合には精神状態や体調まで悪化させますから、自分だけでなく他の人も感じるほどに不快な臭いを発しているのであれば、やはり何らかの対策が必要になります。

とは言えワキガのような体臭はデリケートな問題ですし、本人も悪気あってのことではないため、指摘しにくいのも事実。

本人に言いにくいのであれば、それとなく注意してもらうよう上司にお願いしてみましょう。

一方、自分がその上司である場合や、上司がなかなか動いてくれない場合はどうでしょうか。

まずはこちらから当人に指摘するのではなく、当人が自分で自分の体臭が不快であることに気づけるよう働きかけてみましょう。

職場のマナーを喚起する張り紙や社内報、掲示板などを使い、その一環として「体臭にも気を付けましょう」と呼びかけるのです。

【皆があなたに言いたいけど言えない」どうしたらワキガに気づくの?

人の嗅覚には順応性があるため、ワキガのような強い臭いでも自分の臭いとなると気づかないことが殆ど。 実際、とある調査でも自分のワキガを自覚していると答えた人は全体の10%程度しかいなかったそうです。 で ...

続きを見る

それでも本人が気づいてくれないなら、直接指摘するしかありませんが、それでも相手のプライドを不必要に傷つけてしまわないよう注意しましょう。

例えば「私も体臭が気になるからこのデオドラントを使ってるんだ」とか、「家族に聞いてみたら臭いがきつくなったと言われたんだけど、君はどう?」などといった「体臭の問題を抱えているのはあなただけではない」という、相手の気持ちに配慮した言い方をするなら当人も受け入れやすくなるでしょう。

周囲に強い刺激臭を与えているのに自分ではそれと気づきにくいところが何より厄介なワキガですが、それでも直接指摘されるまで全く気づけないというものでもありません。

ちょっとしたきっかけで「もしかして?」と思うなら、簡単にできるセルフチェックで確認しましょう。

一方、ワキガの人にそのことを伝えてあげなくてはならない場合には、こまやかな配慮が必要。体臭のせいで人間関係にひびが入らないよう気を付けたいものですね。

-わきが対策

Copyright© APARTE-MEDIA , 2020 All Rights Reserved.