わきが対策

【自分で簡単に確認】ワキガはセルフチェックできる

更新日:

簡単セルフチェックの項目(4-5個なら危険)


簡単セルフチェックの項目として7つ挙げられます。

ポイント

1つ目は「親がワキガである」
2つ目は「脇汗を大量にかく」
3つ目は「脇毛が白くなっている」
4つ目は「脇毛が濃い」
5つ目は「自分で臭いが気になることがある」
6つ目は「油ものを食べるのが好き」
7つ目は「運動をほとんどしない」

これらのチェック項目で4個ないし5個該当するものがあるなら、ワキガである可能性が非常に高いと言えます。

とりわけ注目すべきポイントは1つ目の「親がワキガかどうか」です。

片親がワキガなら5割程度、両親ともワキガであれば8割近い割合でワキガが遺伝しています。

2つ目から5つ目の項目はワキガになっている人に見られることが多い症状および傾向です。

脇毛に白い斑点のようなものができていたり、毛そのものがコーティングされたようになっていたりするなら、アポクリン腺から分泌される汗の量が相当多いと言えるでしょう。

脇毛が太いことに加えて、弾力があまりない状態もワキガの兆候と言えます。

6つ目と7つ目は生活習慣に関わるものです。

アルコールや脂の多い食事を多量に摂取していると、消化器官で発生した強い臭いが血液を通じて汗腺へと運ばれ、汗臭さの原因となります。

また、定期的な運動をしていない人は日常生活で汗をかかないので、老廃物が溜まりやすく雑菌も繁殖しやすくなるのです。

わきが体質と耳垢の関係

ワキガの原因であるアポクリン腺は、脇の周りだけでなく耳の中にも多くあります。

そのため、ワキガで悩んでいる人の耳垢は多くの場合湿っているという特徴があります。

綿棒で耳垢を触ってみると、表面に耳垢がパラパラと付着するのではなく、べったりとした塊が取れることが多いでしょう。

ケースによっては、綿棒の生地表面に黄色っぽい液体が染み込んでいるということもあります。

こうした傾向が見られるなら、アポクリン腺が活発に分泌を行なっている証拠であり、ワキガである可能性が高いと結論できるでしょう。

また、アポクリン腺から分泌される汗を吸収しているので、耳垢の色が灰白色ではなく黄色っぽいというのもチェックポイントです。

耳垢がキャラメルのような茶色になっている場合は、ほぼ確実にワキガであると言えるでしょう。

ただし、中耳炎や外耳炎などの理由で耳垢に膿が付いて湿っている場合があるので、耳の中にかゆみや痛みがあるという場合には判断の際に注意が必要です。

【簡単にチェックできる】耳垢でワキガかどうかわかるの?

あなたの耳垢は湿っている?柔らかい? ワキガの原因となるのはアポクリン腺と呼ばれる汗腺から分泌される汗です。 このアポクリン腺は脇周りの他に、胸の周りやデリケートゾーン、そして耳の中に多く見られます。 ...

続きを見る

ティッシュでできる簡単セルフチェック

汗をかきやすい人は「自分はワキガなのではないか」と心配になりやすいものです。

そんな人がワキガを簡単にセルフチェックする方法として、真っ白なガーゼやティッシュを使ったテストがあります。

乾燥したガーゼやティッシュをわきの下に挟んで5分から10分ほど放置し、その後外してみてどのような変化があるかを確認します。

ガーゼやティッシュの色が黄色っぽく変化していたら、アポクリン腺からの分泌量が非常に多く、すでにワキガである、もしくは近いうちにワキガになる可能性が高いと判断できるでしょう。

一方、多少ガーゼやティッシュは湿っているものの、色の変化はないということであれば、もう1つの汗腺であるエクリン腺からの分泌が多いと判断できます。

エクリン腺が分泌する汗はほとんどが水分で構成されており、雑菌が繁殖する心配はほとんどありません。

ただし、色の変化はほとんどないけれど強い臭いがするという場合は、アポクリン腺およびエクリン腺の両方から相当量の分泌があるということになります

その場合、ワキガの可能性がかなり高いと言えるでしょう。

病院でのワキガ診察を受けるのも賢明

病院に行くのは恥ずかしいという理由から診察を受けることを躊躇する人がいます。

とはいえ、ワキガは体質の問題であり、一度発症すると自然治癒で劇的に改善するということはありません。

ですから、ワキガの可能性が高いのであれば、専門医の診察を受けて適切な対処方法を教わるのが賢明です。

重度のワキガになっている場合は、外科的手法で皮下にあるアポクリン腺を切除するというのが一般的です。

手術のスタイルは複数あり、それぞれにメリット・デメリットがありますから、じっくりと説明を聞いてから決定すると良いでしょう。

一方、症状が軽度の場合には、内服薬や塗り薬などを使用して症状の鎮静化を図るということもあります。

専門医に相談すると、注意すべき生活習慣や臭いを軽減するための具体的なアドバイスなどを受けることができますから、ひどい臭いを早く何とかしたいという人にはおすすめです。

ワキガの臭いでも判断できる

脇の臭いもセルフチェックをする際に役立ちます。

汗をかく量が多くても臭いがほとんどないというケースでは、エクリン腺の分泌が多いだけでワキガではない可能性が高いでしょう。

一方、汗をかいた時に自分でも臭いなと感じるほどであれば、ワキガである可能性は高くなります。

入浴する前に肌着の臭いを確認してみるのは効果的でしょう。

信頼できる家族や友人に臭いと感じることがあるか、率直な仕方で尋ねてみるのも良い方法です。

ワキガの臭いは雑菌が繁殖することで発生するもので、非常に強い異臭です。

アポクリン腺から分泌される汗にはアンモニアなどの成分も含まれているため、そうした成分と合わさっていっそう不快な臭いとなるわけです。

この臭いに関しては「温泉で感じる硫黄の臭い」「生ゴミが腐ったような臭い」「吐き気を催すつんとした臭い」といった表現が用いられており、いかに周囲の人にとって嫌悪感や忌避感を抱かせるものであるかがよく分かります。

ただ、残念なことに、汗をかいている本人は慣れて徐々にこの特徴的な臭いを感じなくなってしまうというケースがあります。

ですから、「ワキガかもしれない」と感じたときに素早く対処することが必要なのです。

ワキガ臭はスメルハラスメントにも

スメルハラスメントという表現は、体臭や口臭などによって周囲の人に不快な思いをさせることを指して用いられています。

そして、ワキガの臭いもスメルハラスメントの1つに分類されるケースが少なくありません。

もちろん、ほぼすべてのケースにおいてワキガで悩んでいる人が意識して周囲に迷惑をかけようと考えていないことは明白であり、「ハラスメントとして分類するのはやりすぎではないか」と考える人もいます。

とはいえ、臭いに敏感な人からするとワキガの臭いは耐えがたいものです。

また、ワキガの人に対して「体臭をケアしていない責任感に欠ける人」というイメージが定着してしまう恐れもあります。

加えて、ワキガの人は自分の発する臭いに慣れてしまうため、ひどい臭いによって周囲の人が困惑しているにも関わらずそれに気が付かないということがしばしば起こるのです。

ですから、自分がワキガであるということが分かっている人は、除菌シートや抗菌作用を配合したフレグランススプレーなどを活用して、定期的に脇周りのケアを行なうことが求められます。

こうしたマナーを意識することでハラスメントによる不和を予防あるいは解消することができるでしょう。

遺伝性の強いアポクリン腺

wakiga

ワキガの原因は毛穴の奥にあるアポクリン腺です。

アポクリン腺とは3種類ある汗腺の1つで、主に脇の周りやデリケートゾーン、耳の中や胸の周りなどに多く見られています。

アポクリン腺から分泌される汗は独特で、水分の他にタンパク質や糖質、さらにはアンモニアなどの成分も含んでいます。

この汗自体には臭いがありません。

ひどい臭いの原因は皮膚表面にいるジフテロイド菌を始めとする常在菌で、汗に含まれるタンパク質などを餌として爆発的に増加してしまい、そこできつい臭いを発生させてしまうのです。

脇毛は雑菌が繁殖する温床となりやすいため、ワキガに悩む人の多くは定期的に剃刀で脇毛を剃ったり、医療レーザーを使用した脱毛治療をしたりしています。

アポクリン腺の多さは遺伝しやすいことが知られています。

言い換えれば、ワキガは遺伝しやすいということです。

実際、片親ないし両親がワキガの症状で悩んでいる場合、その子どもが同じ悩みを抱える割合は5割を超えるという統計があります。

子供にもわきがチェックで早めの対応を!

アポクリン腺は幼少期になると働き始めるようになり、思春期になると大量の汗を分泌します。

そのため、十代の時期を迎えてワキガであることに気付くというケースが多いのです。

幼少期からアポクリン腺の働きが活発になってワキガの症状に悩むというケースもあります。

簡単に実施可能なチェック方法としては「汗の臭いを確認すること」が挙げられるでしょう。

運動後や寝起きは汗を大量にかきますから、その臭いをチェックしてあげましょう。

また、肌着の脇周りを見て、黄ばみがないか、あるいは染み付いた強い臭いがないかを確認するのも有効です。

加えて、耳垢を取ってその色をチェックするというのも良いでしょう。

ワキガは成長と共に症状が治まるということはありません。

また、ワキガの臭いで周囲の友人やクラスメートとの間に溝ができてしまうというのは悲しいものです。

ですから、ワキガであることが分かったなら、できるだけ早く対処方法を教えてあげるようにしましょう。

【親の責任は重大】子供のワキガは大人がしっかりケアしてあげよう

子供のワキガは遺伝かも 親のどちらかがワキガの場合、子供にもワキガが遺伝する可能性大です。 親のどちらか一方がワキガでも、2人ともワキガではない両親から生まれた子供よりも発症する確率が高いです。 ワキ ...

続きを見る

【子供とワキガの関係】中学生のわが子のワキガ対策はどうしたらいいの?

中学生のワキガ対策に手術はおすすめしない 成長の早い子供だと、小学校3、4生頃からワキガに気がつき始めます。 中学生ともなると思春期まっただなかなので、異性の同級生にからかわれたり、いじめられたらと親 ...

続きを見る

-わきが対策

Copyright© APARTE-MEDIA , 2020 All Rights Reserved.