わきが対策

【いつも食べている物は大丈夫?】ワキガにいい食べ物と悪い食べ物とは?

更新日:

わきが体質を増やす食生活

ワキガの原因は遺伝が多いと考えられていますが、それ以外にも原因があります。

それは「食生活」です。

昔の人たちは清貧な食事が多かったことに対して、現代では食の欧米化が進んでいます。

日本でもワキガの人が増えていると言いますが、肉や乳製品を好むことが多い欧米人はほとんどがワキガ体質だと言われています。

つまり、食生活がワキガを引き起こしていると言えるのです。

親がワキガ体質だった場合、子供は50%~80%の確率でワキガ体質になると言います。

確実ではなくても、ワキガになりやすい体質を持つ人もいるでしょう。

そのため、食生活を欧米化することによって今までは大丈夫だったとしてもワキガを引き起こす可能性があることを覚えておきましょう。

和食中心の食事に変えてみよう

和食などがメインだった時代から比較すると、日本人のワキガ率は増えています。

なぜ、和食メインだった頃はワキガの人が少なかったのだと思いますか?

それは、和食で使われることが多い魚や野菜などはワキガ体質の人に良いと言われているからです。

肉や乳製品のようにアポクリン汗腺を刺激する食べ物と異なり、魚や野菜はあっさりした性質を持っているためワキガ体質の人におすすめされています。

ワキガに悩まされている人で、肉や乳製品の摂取が多い人は和食メインに切り替えてみましょう。

身体の内側からキレイにすることで、ワキガのニオイを軽減することもできるのです。

【緊張・ストレスは大敵】生活習慣がワキガ悪化の原因に!?

ワキガのニオイがキツくなるのは「緊張やストレス」を感じている時 脇の下は蒸れやすい特徴を持っていて、ワキガの原因と言われている皮膚常駐菌が繁殖しやすいです。 正確に言えば、皮膚常駐菌とアポクリン汗腺の ...

続きを見る

わきがに良い食べ物

ワキガに良い食べ物と言えば「メカブ」です。

メカブは体臭を抑える効果が期待されているため、ワキガに悩む人は積極的に取り入れたいところです。

なぜ、体臭を抑える効果が期待されているかというと、メカブには血液中の中性脂肪量を適正値に戻してくれるからです。

ニオイの原因になる体内の脂肪を中和してくれるため、体臭を抑える効果があると言われています。

1度や2度食べただけで効果が実感できるものではないので、毎朝の食事などに取り入れたいです。

食べ物ではありませんが「緑茶」も消臭効果が期待されています。

キッチン用の洗剤などに「緑茶成分配合」という文字を見たことはありませんか?

それは、消臭効果があるから配合されているのです。

それだけではなく、抗酸化作用や殺菌効果も期待されているので積極的に摂取しておきましょう。

日常的な食材でワキガに良いと言われているものは「梅干し」です。

緑茶同様に消臭、殺菌の効果が期待されています。

ただ、梅干しを摂取する際に気をつけたいのが「塩分」です。

梅干を大量に摂取してしまうと塩分の過剰摂取に繋がりかねません。

そのため、ワキガ対策として梅干を食べる時は1日に1個~2個にしておきましょう。

【女性ホルモンとワキガの関係】女性のワキガは女性ホルモンのバランスが原因?

女性のワキガは女性ホルモンのバランスが原因? 女性のワキガ発症率が高い理由は、女性ホルモンのバランスが崩れやすいことにあります。 実は男女ともに性ホルモンバランスの乱れがワキガを引き起こす大きな原因な ...

続きを見る

わきがに悪い食べ物

ワキガにわるい食べ物として覚えておきたいものは「油物」と「乳製品」です。

特に動物性の油はアポクリン汗腺を刺激するため、ワキガの人は避けた方がいいでしょう。

代表的な動物性の油で作られているものが「バター」です。

バターはケーキやクッキーなどの洋菓子によく使われているので気をつけましょう。

子供が好むお菓子類には意外とワキガを悪化させるものが含まれています。

そのため、あまりお菓子ばかりを食べさせないようにするのもワキガ対策のひとつと言えるでしょう。

マヨネーズもなるべく控えることをおすすめします。

マヨネーズには「リノール酸」という成分が含まれていて、これがニオイの原因となるのです。

マヨネーズの代わりにケチャップや他の調味料で代用することをおすすめします。

古い油や調味料も悪影響

ワキガに悪影響を与えるのは食べ物だけではなく、古い油や調味料にも同じことが言えます。

特に香辛料はアポクリン汗腺を刺激する原因になるため、過剰摂取しないようにしましょう。

古い油などもなるべく避けてください。

ちなみに油にも「リノール酸」が含まれています。

なたね油、ごま油、紅花油などに含まれているので使用している人は気をつけてください。

子供のワキガ対策で親が気を付けたい食習慣

昔は思春期に入るころからワキガを注意するべきと言われていたそうです。

しかし、現在のような飽食時代では思春期前、小学校低学年でもワキガ発症する子供がいるのです。

これは先述した「食の欧米化」によることが原因と言われています。

子供がワキガに発症したとしても、親が気をつけてあげなければいけません。

子供が好きなジャンクフードなどはワキガに良くない肉や油が多く使われています。

そのため、気をつけずに食べさせているとワキガが酷くなってしまうのです。

しかし、子供はジャンクフードが好きなので「ワキガだからダメ!」と言うのは理不尽です。

野菜を摂取させたり、消臭効果が期待されている緑茶を飲ませるなど工夫をしてあげてください。

ワキガだからといって、あまり食事を制限させすぎると子供の成長を妨げる可能性があります。

成長のために肉などは欠かせないため、過剰な制限をしないようにしてください。

理不尽に禁止するのではなく、しっかり説明をして納得してもらうことも大切です。

【親の責任は重大】子供のワキガは大人がしっかりケアしてあげよう

子供のワキガは遺伝かも 親のどちらかがワキガの場合、子供にもワキガが遺伝する可能性大です。 親のどちらか一方がワキガでも、2人ともワキガではない両親から生まれた子供よりも発症する確率が高いです。 ワキ ...

続きを見る

食習慣の改善にプラス!デオドラント

ワキガは食生活を見直すことで軽減効果が期待されていますが、デオドラント製品があります。

近年はさまざまなデオドラント製品が販売されているため、食生活を見直すだけではなく、こういった製品を使うことによってワキガのニオイをより軽減できるのではないでしょうか。

一般的なデオドラント製品も良いのですが、おすすめしたいのはワキガ専用の製品です。

ワキガの悩みに沿った製品なので高い効果が期待されています。

デオドラント製品を使用しながら、食生活、生活習慣の見直しをすることが理想的です。

特に子供のワキガの場合、周囲からからかわれるなどの心配もあります。

どうすればニオイを軽減してあげられるのかということを考えて、食生活、日常生活に気をつけてあげてください。

【肌荒れはなぜ起きる?】ワキガ対策のデオドラント

エイトフォーなどのデオドラントはワキガ対策に良し悪し ワキガの方で、ワキのニオイが気になって、エイトフォーなどの制汗剤やデオドラントが手放せないという方は多いのではないでしょうか。 また、昨今では、ド ...

続きを見る

-わきが対策

Copyright© APARTE-MEDIA , 2020 All Rights Reserved.