わきが対策

【乳首のワキガって?】「チチガ」はどうケアしたらいいの?

更新日:

チチガの原因とは?

「チチガ」とは、簡単に言えば乳首のワキガです。

ワキガの原因はアポクリン汗腺から出る汗が皮膚の雑菌によって分解されるときに出る臭いです。

アポクリン汗腺から出る汗そのものは無臭ですが、汗のなかに脂質やタンパク質やアンモニアなどを含んでいます。

その汗が脇の下の常在菌と混ざり合うと異臭がします。

チチガも原因は同じです。

アポクリン汗腺は脇の下だけではなく乳首の周囲にもあるため、乳首付近からワキガ臭がするのです。

ワキガはアポクリン汗腺が大きく、多い人に多く見られます。

チチガも同じでアポクリン汗腺が乳首付近に多い人に発症しやすいといえます。

ただし、急にチチガを発症する場合、アポクリン汗腺が急に増えるわけではなく、なんらかの要因で本来多かったアポクリン汗腺が活発に働くようになったことが原因です。

遺伝的要素も関係するので、親のどちらか、または両親ともチチガの場合、その子供もチチガを受け継ぐ可能性大です。

チチガは自分でチェックできる

ワキガの人はチチガも発症しやすいです。

メカニズムは同じなので、ワキガ、チチガどちらにも同じセルフチェックが使えます。

①耳垢が湿っぽい
②親や兄弟姉妹など家族にワキガの人がいる
③魚や野菜が嫌いで脂身の多い肉が好き
④胸のあたりからワキガ臭を感じる
⑤ブラジャーが黄ばむ
⑥ブラジャーが臭う。

これらのチェック項目に当てはまる数が多ければ、チチガの可能性が高いです。

また、女性の場合は、出産したばかりで授乳していることもチェックリストにあげます。

ワキガ体質の人は、授乳中にチチガを発症しやすくなります。

さらに、チチガの分泌物は苦みがあるので、パートナーから「乳首が苦い」と言われたらチチガの可能性があります。

【女性特有のあの悩み】ワキガに悩んでいる女性が注意すること

女性のワキガの悩み もちろん男性にとってもワキガがつらいものですが、ニオイなどに敏感な女性にとってその悩みは深刻です。 実際、フレグランスなどは女性向けの製品が多く、女性にとって体のニオイが気になるも ...

続きを見る

授乳がチチガの原因?

「赤ちゃんからワキガ臭がする」と感じていませんか?

もし、そうなら、それは赤ちゃんから発せられる臭いではなく、母乳の臭いです。

母乳がワキガ臭になる原因は、乳首周りのアポクリン汗腺から汗が増えたことです。

出産するとホルモンバランスが乱れるので、一時的にアポクリン汗腺からの分泌物が増えることがあります。

また、出産は体力を使うので、産後はどうしても免疫力が低下します。

乳児がいると寝不足になりますし、食事も満足にとれない場合が少なくありません。

ですから、免疫力は低下しやすく、乱れたホルモンバランスもなかなか整いません。

サイズの合った下着を身に着けていないと、チチガを発症することもあります。

きついブラジャーをつけていると蒸れてしまい、よけいに臭いがきつくなります。

できるだけ、コットン100%など天然素材の授乳ブラジャーを身につけましょう。

産後は買い物に行くのが難しいと思いますが、ネットショップなどを活用して、サイズのあった下着を購入してください。

心配しなくても、赤ちゃんからワキガ臭がしても一時的なもので、臭いはすぐになくなります。

母乳をあげてもチチガやワキガは赤ちゃんにうつることは絶対にあり得ませんから、安心して授乳してください。

ホルモンバランスの乱れが原因であれば、産後しばらくたてばチチガは収まってきます。

ただし、産後は体質が変わってしまい、チチガが治らなかったという人も稀ですがいます。

そんなときにはワキガ専用のクリームを乳首にも使うことができます。

ただし、赤ちゃんの授乳期間が終わって卒乳してから使うようにしてください、それまでは、母乳を上げる前に、柔らかいガーゼやノンアルコールのウエットティッシュなどで軽く拭くとよいでしょう。

【自宅の洗濯機でも大丈夫】洗濯でワキガの臭いを効果的に消す

自宅の洗濯機でワキガの臭いは落とせる 洗濯物についたワキガのニオイは、普通に洗濯洗剤で洗っただけでは落ちない場合もあります。 そんな時は、漂白剤につけおきをしてから洗濯をすることで、ほとんど気にならな ...

続きを見る

男性でもチチガになる?

チチガは産後の女性が発症しやすいですが、男性に発症することもあります。

男性は出産しないので女性のように大きくホルモンバランスが乱れることはあまりありません。

ですが、もともとワキガ体質の人はチチガになるリスクも高いということを覚えておきましょう。

乳輪の毛が濃くて多い人はチチガになりやすい体質なので注意してください。

真夏でもスーツを着用しなければならない営業マンや、屋外で汗をかく仕事をしている人は、体をなるべく清潔に保つように心がけたり、通気性の良い下着を身につけるなどして対策しましょう。

ワキガクリームや男性用の制汗剤などを使ってケアするのも周囲の人へのエチケットです。

【男性特有のあの悩み】ワキガに悩んでいる男性が注意すること

男性のワキガの悩み 男性は、女性と比べると体臭などのニオイを気にしない人が多いです。 もちろん女性以上にニオイを気にする人もいるので、必ずしもニオイに鈍感だというわけではありません。 ですが、「汗が出 ...

続きを見る

 チチガの効果的な対策とは?

wakiga

脇の下の皮膚は薄くて柔らかいですが、乳首周囲の皮膚はもっと敏感な場所なので簡単にケアできません。

チチガはワキガ同様体質なので、これといって有効な予防方法があまりありません。

食習慣を改善したり、規則正しい生活を送ることは臭いの軽減に役立ちますが、完全に臭いがなくなることはありません。

チチガは医療機関での治療も可能です。

どうしても根本的に治療したいなら、美容整形外科や皮膚科クリニックを受診しましょう。

アポクリン汗腺に高周波の超音波を照射して汗腺を破壊する治療法が有効です。

胸を切る必要がありませんし、比較的短時間の施術ですみます。

汗腺そのものがなくなるので完全に臭いを断つことができます。

また、クリニックによっては電気凝固法といって汗腺に針を刺し電気を流して汗腺の働きを止めるという方法をとることもあります。

その他にもいくつか治療法はありますが、チチガ治療には保険適用外なので高額な費用がかかることを覚えて置いてください。

また、クリニックならどこでもよいわけではなく、チチガを治療する病院はまだそれほど多くはありません。

地方ではチチガを治療できるクリニックを探すことも困難かもしれません。

ワキガ専用クリームを使って対処するのが最も簡単で、リーズナブル、しかも痛みを伴わずにリスクのない方法です。

チチガもワキガ専用クリームを使ってケアできます。

ですが、乳首周辺の皮膚は非常にデリケートなので、敏感肌用の低刺激製品や、無添加のクリームを使うようにしましょう。

母乳中はクリームを使えないので、授乳期間が終わったら使うようにしてください。

チチガはワキガと比べるとアポクリン汗腺の数が少ないため、ワキガよりも臭いが軽く、毎日のケアでかなり臭いを抑えることができます。

【失敗例から学ぶ】ワキガ手術の前に必ず確認すべき注意点

ワキガは手術で治る? ワキガの手術方法としては主に4つあります。 術後にすっかり治るかどうかは、どの手術方法を選択するかにも大きく依存しています。 剪除法 1つ目は「剪除法」です。これは脇の皮膚を4c ...

続きを見る

-わきが対策

Copyright© APARTE-MEDIA , 2020 All Rights Reserved.