わきが対策

【お酒とワキガの関係を整理する】ワキガはアルコール除菌が有効?飲酒は逆効果?

更新日:

飲酒はワキガに悪影響

ストレス解消には欠かせないお酒ですが、ワキガ体質の人が飲むと体臭が強くなってしまうので注意が必要です。

アルコールには発汗作用があるため、お酒を飲むと強い臭いのある汗を出すアポクリン腺からも発汗し、その臭いでワキガが悪化してしまいます。

また、アルコール自体の臭いも強いため、その臭いとワキガの臭いが混ざってよりきつい臭いになってしまうこともあるでしょう。

アルコールは汗による臭いを強くしてしまい、無理な断酒は逆にワキガを悪化させてしまいます。

また、ワキガを悪化させる原因は多数ありますが、なかでも影響力が強いのがストレスです。

強引な断酒によってストレスを溜めこんでしまうと、むしろ臭いは強くなってしまうでしょう。

元からお酒をあまり飲まない人なら問題ありませんが、お酒好きな人が完全にお酒を断つのはかえって逆効果なのです。

ほどほどの飲酒ならアルコールによる発汗作用も弱く、それでいてストレス解消にもなるためワキガの臭いをおさえられます。

もっとも大切なのはお酒を飲みすぎないことなのです。

【ストレスとワキガの関係】ストレスがわきがの原因になるの?

わきがはストレスで発症するの? 万病の元と言われるストレスですが、ワキガもまたストレスによって悪化する可能性があります。 ただし、あくまでも悪化させる原因であって、ストレスによってワキガ体質でない人が ...

続きを見る

ビールは特に注意

お酒と言ったらビールという人も多いでしょうが、実はビールは特にワキガを悪化させやすいお酒です。

ビールに含まれている炭酸にはアルコールと同じような発汗作用があるため、他のお酒よりも汗をかきやすくなってしまいます。

結果として、ビールは炭酸のないお酒よりも体臭をきつくさせるのです。

これは一部のカクテルやワインなど、炭酸が含まれている他のお酒でも変わりません。

お酒を飲むにしても、炭酸の含まれているものは避ける、量を減らすなど対策しておくほうが良いでしょう。

せっかくお酒には豊富な種類があるのですから、これを機にビール以外のお酒を開拓してみるのもおすすめです。

【男性特有のあの悩み】ワキガに悩んでいる男性が注意すること

男性のワキガの悩み 男性は、女性と比べると体臭などのニオイを気にしない人が多いです。 もちろん女性以上にニオイを気にする人もいるので、必ずしもニオイに鈍感だというわけではありません。 ですが、「汗が出 ...

続きを見る

飲酒前に対策を

アルコールがワキガを悪化させるもうひとつの原因として、活性酸素の生成があります。

体内でアルコールが分解されると生じる活性酸素は、アポクリン腺から出る汗に含まれる脂質と結合し、汗の臭いを悪化させる作用を持つのです。

しかし、活性酸素の働きは一部の食材が持つ抗酸化作用によっておさえることができます。

お酒を飲む前に、打つべき対策として抗酸化作用のある食べ物を積極的に摂取しておきましょう。

飲み屋によくある抗酸化作用の強い食べ物はキャベツです。

飲み始める前にサラダを軽く食べておくと臭いをやわらげられます。

キャベツが苦手な方は抗酸化作用のある成分が含まれたサプリメントを持ち歩いておくといいでしょう。

なお、キャベツとは逆に臭いを悪化させてしまう食べ物もあります。

たとえば辛いものはアルコールと同じく発汗作用があるため、体臭をより強くしてしまいます。

また、塩っ気の強いおつまみはお酒を進ませるため、こちらも食べすぎるとアルコールによる体臭悪化をまねくでしょう。

おつまみの量や種類にも気をつけて食べることもまた、ワキガ対策の一環です。

【ワキガに効くってウワサは本当?】ピーリング/お酢/ベビーパウダー/ポリフェノール/エタノールの効果

まずワキガの原因を知りましょう ワキガの特徴は脇の下で発生するにおいです。 ワキガのにおいの元になっているのは、アポクリン汗腺から出る汗です。 汗には2種類あり、1つはエクリン汗腺という汗腺から分泌さ ...

続きを見る

肝臓を休めてワキガを抑える

アルコールを飲まないで肝臓を休める時間をとる休肝日は、体に優しいだけでなくワキガをおさえる効果もあります。

アルコールを摂取すると、肝臓はその分解によって負担を強いられます。

すると肝機能が弱ってしまい、うまく分解できなかった老廃物が体内に溜め込まれてしまうのです。

そしてこの老廃物は汗にも混じり、汗の臭いを悪化させます。

老廃物混じりの汗は粘り気も強く、汗腺やワキに残りやすい点にも注意が必要です。

また、肝臓はアルコール意外にもストレスや投薬によっても疲労します。

ワキガが悪化してきたときは、肝機能の低下や肝臓のトラブルをうたがってみるのも良いでしょう。

肝機能は病院で診断を受けることでチェックできます。

ここで肝臓に関するトラブルを発見できることもあるでしょう。

アルコール除菌でワキガ対策はできるの?

ワキガの原因のひとつとして、ワキに繁殖している菌の影響があります。

そこから殺菌作用のある消毒用エタノールでワキを拭けばワキガ対策ができるといううわさが生まれました。

これは一部正しいのですが、しかしあまり推奨できません。

たしかにアルコールでの殺菌はワキガの臭いをおさえるでしょうが、同時に皮膚に強い刺激を与えてしまいますので効果的ではないのです。

そのため、皮膚を痛めずそれでいて殺菌できる程度にアルコールを薄める必要があるのですが、これは素人判断でできることではありません。

濃いアルコールによる強い刺激は炎症や黒ずみの原因となり、さらに肌から水分をなくすことでさらなる汗の分泌を招きます。

こういった肌の荒れやトラブルはワキガの悪化にもつながりますので、ワキガ対策のつもりがむしろワキガを悪化させるような事態になりかねません。

殺菌用の強いアルコールを自分で薄めて使うのはやめましょう。

それよりもワキガケア用に開発されたケアアイテムを導入するほうが、安全かつ効果的です。

また、ワキガ用に調整された殺菌用品であれば使用してもいいでしょう。

ただしその場合も、肌のひりつきや痛みを感じるようならすぐに使用を中断するべきです。

ワキガクリームでケアを!

飲み会での体臭が気になる方は、あらかじめワキガクリームをつけて臭いを予防しておきましょう。

飲む直前につけると飲み会の終わりまで効果をもたせられますので、お店のお手洗いを借りて塗るのがおすすめです。

汗は緊張したときにも出やすくなるものですので、たとえば上司のいる飲み会や合コンなどといった会では普通の飲み会より体臭が強くなってしまいがちです。

上司や異性の印象を悪くさせないためにも、クリームでしっかりと臭いの予防を行いましょう。

今まではそのビジュアルからやや避けられていたワキガクリームですが、近年の商品にはおしゃれな小物や化粧品のようなデザインをしたものも増えています。

これなら持ち歩いていても周りの目が気にならないでしょう。

また、ワキガクリームと一口に言っても軽度の人に向けたものから重度の人に向けたものまで様々な種類があります。

自分の症状や使い方に合わせて、より適したワキガクリームを選びましょう。

【適当に塗るのはもったいない】わきがクリームの効果的な塗り方

使用量 ワキガクリームの場合、ワキガのニオイを抑えるために、大量に使ってしまいがちですが、たくさんつければよいというものではありません。 パッケージに記載されている使用量を守って使うのが最大の効果を出 ...

続きを見る

-わきが対策

Copyright© APARTE-MEDIA , 2020 All Rights Reserved.