わきが対策

【あなたはいくつ当てはまる?】ワキガを疑うべき症状

更新日:

ワキガを疑うべき症状

自分ではワキガかどうかは分かりにくいものです。

以下の6つの症状は、ワキガかどうか自分で判断するチェックポイントとされています。

当てはまるものがいくつかある場合は、医師に相談してみるとよいでしょう。

ポイント

・身内にワキガ体質の人がいる

・シャツの脇の下の部分にできる汗ジミが黄ばんでいる

・魚や野菜よりも、肉や乳製品が好き

・脇に白い粉がついていることがある

・人からワキガを指摘されたことがある

・耳垢は湿っているタイプだ

以上が6つのチェック項目です。

ワキガは病気ではなく体質であり、遺伝することも分かっているため、両親がワキガだという場合は特に注意しましょう。

【一緒に洗濯しても大丈夫?】ワキガは移るの?原因から考えてみた

ワキガが起きる原因 ワキガが起きる原因は、汗腺の1つである「アポクリン腺」から分泌される汗が、皮膚表面に存在する雑菌と反応することです。 アポクリン腺から出る汗には水分の他にタンパク質や脂質、糖質など ...

続きを見る

自覚症状とその診断

チェック項目に当てはまるものが複数あり、自分でもそうかもしれないと思う場合は、専門医の診断を受けるのがおすすめです。

病気ではないものの、今は手術で完全にワキガを治すこともできます。

病院に行くほどでもない、という場合や、どうしても診察を受けることに抵抗がある、という場合は、市販のワキガクリームなどを使って対処するのもよいでしょう。

匂いが気になるからとデオドラント剤などを使う人も多いのですが、ワキガの場合はそれではワキガの独特の匂いは抑えられませんし、逆にデオドラント剤の香りと合わさって不自然な匂いになることもあります。

【ワキガ臭ケアを効果的に行うために】ワキガ臭が出る人と出ない人の違いを知ろう!

「アポクリン腺」「エクリン腺」「皮脂腺」 ワキガの症状を引き起こす原因となっているのは「アポクリン腺」「エクリン腺」および「皮脂腺」の3つです。 アポクリン腺は脇まわりの他に、胸の周りやおへそ周り、デ ...

続きを見る

落ち込む必要はなし

ワキガのチェック項目に当てはまり、自分でも自覚症状があるからといって、必要以上に落ち込むことはありません。

また、ワキガを意識しすぎるあまり、人とコミュニケーションを取ることにストレスを感じる人もいますが、そこまで気にするのはよくありません。

最近では、メーカー各社からワキガ対策専用のクリームなども発売されており、自分に合ったクリームを使えばかなり匂いを抑えることもできるので、積極的に対策を進めていきましょう。

ワキガは匂いが関わるだけに、デリケートな問題です。

しかし、自分でワキガだと分かっていないと対策ができませんから、できるだけ相手を傷つけないように教えることも必要です。

その時に、「ワキガの臭いがきついんだけど」「ワキガの臭いなんとかならないの?」などと、デリカシーのない教え方をするのは避けるべきです。

あくまで一般論としてワキガの症状について「こういう症状があったらワキガみたいだよ」とそれとなく伝えましょう。

色々と言える間柄であれば、「もしかしたらそうかもしれないから、1回お医者さんに診てもらってもいいかも?」など、相手が傷つかないようにそれとなく伝えるようにしましょう。

【雑菌の温床?】ワキガはワキ毛処理で抑えることができるの?

雑菌を繁殖させるワキ毛 ワキガ臭は、脇毛そのものから発生するということはありません。 ただし、脇毛の毛穴はアポクリン腺と呼ばれる汗腺と繋がっており、ここから分泌される成分や皮脂が雑菌を繁殖させる原因と ...

続きを見る

思春期のワキガ

思春期は特に自分の容姿など、周りからどう思われるかが気になるようになる時期です。

ワキガは匂いを発しますから、自分が臭いとみんなから思われている、と気にするようになると、大人以上に精神的なダメージを受けることがあります。

しかし、ワキガはホルモンの関係で思春期ごろから現れることが多く、しかも運動などで汗をかきやすい中高生はワキガの症状がひどくなることも珍しくありません。

自覚していないと、対策もできませんから、知らないうちに周りの人に噂されることを避けるためにも早めに自覚をして対策をすることが必要です。

汗をかきやすくなるから、匂い対策にこのクリーム使うといいよ、などと言って親が用意してあげるのが良いでしょう。

親もワキガで、子供も遺伝によりワキガの症状が出始めた場合は、自分の体験も話しながら一緒に対策していくのもおすすめです。

【子供とワキガの関係】中学生のわが子のワキガ対策はどうしたらいいの?

中学生のワキガ対策に手術はおすすめしない 成長の早い子供だと、小学校3、4生頃からワキガに気がつき始めます。 中学生ともなると思春期まっただなかなので、異性の同級生にからかわれたり、いじめられたらと親 ...

続きを見る

スメルハラスメントとの違い

職場や学校などの集団生活の場で、周囲が不快になるような臭いを発することで迷惑をかける行為をスメルハラスメントと言います。

ワキガは体質により生じるニオイですから、仕方がないのでスメルハラスメントにはあたりません。

ですが、やはりできる対策は行って、できるだけ周囲の人に不快な思いをさせないようにすることは大切です。

しかも、最近ではワキガのニオイをかなり抑えることのできるクリームなどもありますから、何の対策もしていないと周囲の理解も得られませんし、風当たりがきつくなるかもしれません。

【肌荒れはなぜ起きる?】ワキガ対策のデオドラント

エイトフォーなどのデオドラントはワキガ対策に良し悪し ワキガの方で、ワキのニオイが気になって、エイトフォーなどの制汗剤やデオドラントが手放せないという方は多いのではないでしょうか。 また、昨今では、ド ...

続きを見る

家族の協力

ワキガの対策には、家族の協力が不可欠です。

そもそも、ワキガは自分では気が付きにくいため、家族がそれを伝えてやらないと、対策もスタートしないことが多いです。

家族だからといって、ストレートに傷つけるような言い方は避けるべきです。

とはいえ、なかなか他人には指摘しづらいことですから、家族が伝えて、一緒に対策していこうと寄り添うことが大切です。

ワキガは、自分ではどの程度周囲にニオイがしているか分からないため、常に「周囲の人がニオイに気づいているのではないか」と気になったり、コンプレックスに感じたりと、精神的につらいものです。

他の人には分からない悩みとして、孤独を感じる人も少なくありません。

遺伝性のワキガの場合は、家族にもワキガに悩む人がいるかもしれませんし、そうであれば悩みを分かち合ったり、一緒に対策をしたりすることもできます。

家族にいない場合でも、せめて家ではワキガについて気にせずに過ごせるように、明るく自然に接することが大切です。

【一緒に洗濯しても大丈夫?】ワキガは移るの?原因から考えてみた

ワキガが起きる原因 ワキガが起きる原因は、汗腺の1つである「アポクリン腺」から分泌される汗が、皮膚表面に存在する雑菌と反応することです。 アポクリン腺から出る汗には水分の他にタンパク質や脂質、糖質など ...

続きを見る

ワキガケア

wakiga

ワキガ対策としては、病院で処置を受ける方法もありますが、ワキガクリームなどを使って自宅で対策を行うこともできます。

市販のデオドラント剤では、十分な効果を得ることは難しいです。

また、通常よりも肌荒れリスクの高いワキガの人は、デオドラント剤が原因で肌荒れを起こすこともあるので、気をつける必要があるのです。

ワキガのニオイは確かに気になりますが、肌が荒れてしまっては逆効果になりますので、肌に合わないデオドラント剤は使わないほうが得策。

デオドラント剤よりも、ワキガ対策に特化したワキガクリームを使ったほうが、肌への負担も少なく、効果的にニオイを抑えることができます。

ワキの皮膚は薄くてデリケートなので、肌に優しいワキガクリームを使うのが良いでしょう。

【適当に塗るのはもったいない】わきがクリームの効果的な塗り方

使用量 ワキガクリームの場合、ワキガのニオイを抑えるために、大量に使ってしまいがちですが、たくさんつければよいというものではありません。 パッケージに記載されている使用量を守って使うのが最大の効果を出 ...

続きを見る

-わきが対策

Copyright© APARTE-MEDIA , 2020 All Rights Reserved.