わきが対策

【緊張するとなぜ汗が出るの?】多汗症とワキガの合併症状とは

更新日:

決して熱いわけではないのに、人前でスピーチをしたり面接を受けたりした時に、気が付くとじっとりと汗をかいていることがあります。

これは精神的な緊張によってかく汗で、全身にかくこともありますが、手のひらや脇の下に集中してかくことも珍しくありませんね。

非常に緊張した時にこういった汗をじっとりとかいてしまうのは普通のことです。

このせいで日常生活に支障をきたしたり人間関係に問題を抱えたりすることはありませんが、ちょっとした緊張状態だけでびっしょりと汗をかいてしまう人、更には特に緊張しているわけでもないのにちょっとしたことで汗が噴き出てしまう人もいます。

これは「多汗症」と呼ばれる症状で、ひどい場合には手術が必要となるくらい日常生活に大きな問題を抱えてしまうことがあります。

緊張するとなぜ汗が出るの?

そもそも人の発汗作用には「温熱性発汗」と「精神性発汗」の2種類があり、通常気温が高い時や運動などで体温が上がった時にかく汗は「温熱性発汗」です。

これはご存知の通り体温を一定に保つための体温調節の役割を果たす汗で、全身にある「エクリン汗腺」から分泌される99%が水分でできています。

一方、緊張した時に主に手のひらや足の裏、脇の下などにじっとりとかく汗が「精神性発汗」で、これはエクリン汗腺の他に「アポクリン汗腺」からも分泌されています。

アポクリン汗腺は主に脇の下など局部的に集中して存在しているため、精神性発汗も局部的に起こるというわけです。

では人は緊張すると何故精神性発汗を起こすのか、実は今のところ詳しいことは分かっていないのですが、恐らく交感神経が過敏になっているからではないかと言われています。

交感神経は副交感神経と平衡して働く自律神経の1つで、心身を緊張状態にする役割を担っていますから、精神的に緊張した時に交感神経が刺激されて体温や脈拍が上昇し、汗をかかせるのではないか、というわけです。

このように、緊張すれば汗をかくのは誰しもが持つ生理現象なのですが、前述の通りその汗が過剰であったり特に緊張しているという自覚はないのにちょっとしたことで精神性発汗を引き起こす「多汗症」の人は、先ほど触れたメカニズムから言えば常に交感神経の反応が過敏になっていると考えられます。

交感神経が常に過敏になっていると副交感神経とのバランスを崩し自律神経失調症を引き起こすことがあるのですが、その症状の1つに発汗が挙げられる点からもそう言えます。

ではなぜ交感神経が過敏に反応してしまうのか、その原因は様々で、遺伝であったりホルモンバランスの乱れであったりストレスであったり、あるいはそれらが重なり合って起こっていることも少なくありません。

【緊張・ストレスは大敵】生活習慣がワキガ悪化の原因に!?

ワキガのニオイがキツくなるのは「緊張やストレス」を感じている時 脇の下は蒸れやすい特徴を持っていて、ワキガの原因と言われている皮膚常駐菌が繁殖しやすいです。 正確に言えば、皮膚常駐菌とアポクリン汗腺の ...

続きを見る

緊張して汗が出るのを防ぐために

従って、緊張による精神性発汗を抑えるためには、交感神経が不必要に活性化しないようにする必要があります。

とは言え自律神経それ自体は本人の意思によってコントロールできるものではありません。

自律神経が指令を出して行う、体温を調節したりホルモンを分泌させたり、それこそ汗をかくといったことも体が勝手に行うことで、だからこそ「自律神経」と呼ぶのです。

ただ唯一、自分の意思である程度コントロールできる自律神経の働きの1つが「呼吸」で、呼吸に関しては大きく深呼吸したり息を速めたりすることができますよね。

従って、交感神経を落ち着かせたいなら、呼吸のスピードをコントロールしてみましょう。

緊張したときに深呼吸をすると良いと言われているのもこのためで、息をゆっくりと吸うことで心臓の動きもゆっくりになり、脈拍も落ち着きます。

また、普段から副交感神経を優位にしてあげる時間を取ることも大切です。副交感神経は心身がリラックスする時に働く神経で、交感神経と対を成す、シーソーのような関係ですから、副交感神経を優位にしてあげれば交感神経は落ち着きます。

具体的には、人にとって最高のリラックス状態である睡眠をしっかりとる、ゆっくりとお風呂に浸かる、好きな音楽を聴く、といった事柄です。

逆に交感神経を優位にしてしまうストレスは大敵。定期的にストレスを発散するように心がけましょう。

つまり自分の好きなことをする時間をとるということですね。

カラオケ、美味しいものを食べる、ショッピング、気おけない友達とのおしゃべり等々、毎日、毎週、毎月単位でできるストレス発散タイムを作っておきましょう。

また「幸せホルモン」とも呼ばれる「セロトニン」を増やすのもお勧めです。

セロトニンは交感神経と副交感神経のバランスを調節し精神を安定させる作用を持つ神経伝達物質で、人体中には10mgほど存在していると言われています。

これを増やす方法としては、日中きちんと日光を浴びて規則正しい生活をする、適度な運動をする、セロトニンの生成を助けるビタミンDやオメガ3、ビタミンB、ミネラル類などを多く含む食事を摂る、といったことが挙げられます。

【女性ホルモンとワキガの関係】女性のワキガは女性ホルモンのバランスが原因?

女性のワキガは女性ホルモンのバランスが原因? 女性のワキガ発症率が高い理由は、女性ホルモンのバランスが崩れやすいことにあります。 実は男女ともに性ホルモンバランスの乱れがワキガを引き起こす大きな原因な ...

続きを見る

多汗症とワキガの合併症状

混同されがちなワキガと多汗症ですが、ワキガがアポクリン汗腺の量に比例して起こるのに対し、多汗症は緊張による交感神経の過敏反応が原因ですから、両者は全く違うものです。

しかし前述の通り精神性発汗はエクリン汗腺以外にアポクリン汗腺からも起こるため、これが引き金となって多汗症の人がワキガを併発してしまう可能性はあります。

多汗症で汗をかきやすい上にワキガになると、汗が蒸発する際にワキガの臭いも一緒に広がってしまうため、同じワキガでも更に強い臭いを発してしまうことになります。

前述しましたが、多汗症を含む精神性発汗はエクリン汗腺以外にアポクリン汗腺からも起こるため、100%エクリン汗腺からの汗である温熱性発汗と比べれば多少ニオイの元となる成分も含まれていると言えます。

しかし、その量は微々たるもの。多汗症でも体質的にアポクリン汗腺が多くなければワキガのような強い臭いを発する心配はありません。

ワキガでさえなければ一般的なケアだけで汗の臭いは抑えられます。まずは自分が多汗症なのかワキガなのか、あるいは合併しているのかを見分けることが、正しい対処法の第一歩と言えます。

多汗症とワキガを併発している人や、あるいはその心配がある人は、ワキガクリームで対処するのもお勧めです。

ワキガ対策グッズにはスプレータイプやローションタイプなど様々なものがありますが、クリームタイプはその中でも特に肌への密着性が高く汗をかいても取れてしまわないため長く効果を保つことができます。

殺菌作用で皮膚の常在菌がワキガ臭を発生させるのを防ぐだけでなく、制汗作用のある成分も配合されているため、精神性発汗に対してもある程度効果を発揮してくれるでしょう。

何よりクリームをつけているので例え汗をかいても臭ったりしない!という安心感を持てるため、ストレスによる緊張から精神性発汗が悪化するのを防いでくれると期待できます。

勿論多汗症やワキガを完璧に治したいなら手術しか方法はありませんが、少なくとも人に気づかれない程度に抑えたい、とりあえず今日1日ニオイを抑えたい、というような場合に試してみる価値はあります。

重度になると日常生活に支障をきたしてしまう多汗症やワキガですが、そのメカニズムを理解しそれに沿った対処をすればそのような問題は回避できるはずです。

まずは自分の症状が何に当てはまるか、どの程度のものなのかを見極め、それに合った対策を取るようにしましょう。

【乳首のワキガって?】「チチガ」はどうケアしたらいいの?

チチガの原因とは? 「チチガ」とは、簡単に言えば乳首のワキガです。 ワキガの原因はアポクリン汗腺から出る汗が皮膚の雑菌によって分解されるときに出る臭いです。 アポクリン汗腺から出る汗そのものは無臭です ...

続きを見る

-わきが対策

Copyright© APARTE-MEDIA , 2020 All Rights Reserved.