わきが対策

【ワキガの原因?】ピロルリアって何?

更新日:

ピロルリアとは?

ピロルリアは、ピロール尿症とも呼ばれる疾患です。

ピロールという化学物質が体内で増える疾患ですが、ピロールには特異臭があるため、体臭がきつくなると言われています。

ワキガ、すそワキガ(陰部のワキガ)、口臭などの原因としてピロールという物質の大量発生を疑う人もいます。

ピロールは薄い黄色の液体なので、ワキガによる黄ばみはピロールが原因なのではとも考えられています。

ピロルリアを発症すると

ピロールという成分が最も発生しやすいのが脇の下だと言われています。

原因は不明ですが、脇の下は汗を非常にかきやすい部分なので、通気性も悪くなり雑菌が繁殖しやすいためではないかと考える人もいます。

ワキガの人は、白いTシャツやYシャツを着ると、脇の下がほんのり黄ばんでいることに気づくはず。

この黄ばみの原因こそがピロールではないかというわけです。

重度になるとピロールが、通常の5~10倍も発生するようになります。

もちろん、ピロールが増えたぶんだけ、においも強くなってしまいます。

また、ピロルリアになるとうつ病や躁うつ病などの精神的疾患にも関係しているのではないかとも考えられています。

それは、ピロルリアを発症している人の多くに、うつ病などの精神的疾患を発症している人が多く見られるためです。

ピロルリアになると、ビタミンB6が体内から排出されやすくなるため、精神力が弱まってしまうためだと言われています。

放置すると体臭も心の病も悪化してしまう恐れがあるので、早めにケアすることが必要です。

【雑菌の温床?】ワキガはワキ毛処理で抑えることができるの?

雑菌を繁殖させるワキ毛 ワキガ臭は、脇毛そのものから発生するということはありません。 ただし、脇毛の毛穴はアポクリン腺と呼ばれる汗腺と繋がっており、ここから分泌される成分や皮脂が雑菌を繁殖させる原因と ...

続きを見る

ピロルリアを治す方法は?

ピロルリアの原因は現在でもあまりよく分かっていません。

ですが、ピロルリアになるとビタミンB6に加えて亜鉛が排出されやすくなってしまうので、ビタミンB6と亜鉛を補給することが大切です。

ピロールは体内で発生しても、普通なら尿として体外に排出されるので問題ありません。

ところがビタミンB6や亜鉛が不足すると、ピロールは排出されずに体内にとどまりやすくなります。

そのため、ピロールが正常に排出されるように、ビタミンB6と亜鉛を摂取することが大事なのです。

ビタミンB6を多く含む食品は、サンマやカツオなどの赤身の魚、ヒレ肉やササミなどの脂身が少ない肉類、バナナ、パプリカなどです。納豆や焼き海苔にも多く含まれています。

亜鉛を含む食品は、牡蠣やレバーなどです。

うなぎ、煮干し、卵黄などにも多く含まれています。

また、ナッツ類や大豆製品にも多く含まれます。

亜鉛の吸収を高めるにはビタミンA、ビタミンCなどと一緒に摂取するのが効果的です。

タンニンは亜鉛の吸収率を低くするので、緑茶、コーヒーなどタンニンを多く含むものとは別に摂取するとよいでしょう。

手軽にビタミンB6や亜鉛を摂取するならサプリメントがおすすめです。

毎日の献立にビタミンB6と亜鉛を含む食品を食べなければと頭を悩ませる必要がありませんし、手軽に摂取できます。

ただし、亜鉛の摂り過ぎはかえって肌荒れや下痢などの健康障害を引き起こすので、適量を守って摂取してください。

【いつも食べている物は大丈夫?】ワキガにいい食べ物と悪い食べ物とは?

わきが体質を増やす食生活 ワキガの原因は遺伝が多いと考えられていますが、それ以外にも原因があります。 それは「食生活」です。 昔の人たちは清貧な食事が多かったことに対して、現代では食の欧米化が進んでい ...

続きを見る

ピロルリアの検査はどうしたらいい?

ピロルリアは日本国内ではまだあまり認知されていない疾患です。

そのため病院で検査を受けるとなると、自由診療になり保険が適用されない可能性があります。

そのため、ピロルリアを疑う人の中には海外のピロルリア検査キットを使う人もいます。

ただし、検査は海外で行うため数週間かかり、価格も2万円前後と高額です。

ワキガに悩んでいるなら、まずは食生活を見直したり、ワキガ専用クリームなどで対策するのがよいでしょう。

ワキガ専用クリームは、ピロルリアが原因のワキガにも効果を発揮します。

-わきが対策

Copyright© APARTE-MEDIA , 2020 All Rights Reserved.