わきが対策

【子供とワキガの関係】中学生のわが子のワキガ対策はどうしたらいいの?

更新日:

中学生のワキガ対策に手術はおすすめしない

成長の早い子供だと、小学校3、4生頃からワキガに気がつき始めます。

中学生ともなると思春期まっただなかなので、異性の同級生にからかわれたり、いじめられたらと親としては心配になります。

ワキガ体質の場合は、成長とともにワキガ臭が強くなってくるので、なんとかしてあげたいですよね。

ワキガを根本的に治療しようと思ったらやはり手術が一般的ですが、中学生の子供に安易に手術はおすすめできません。

手術すれば確かにワキガは治療できますが、手術の傷跡が残りますし、なによりも多汗症という後遺症が残る可能性があるからです。

多汗症とは、全身または手足や脇の下など部分的に過剰に汗をかく疾患です。

たかが汗と思うかもしれませんが、気温に関係なく大量に汗をかくので本人は大変です。

外から見ても分かるくらい大量に汗をかくのが恥ずかしくて子供が不登校になったというケースもあります。

せっかくワキガが治っても、多汗症という問題を抱えてしまうのでは意味がありません。

さらに、中学生はまだ体の成長期にあります。

ワキガの原因となるアポクリン汗腺の発達もまだ完全ではありません。

アポクリン汗腺は通常20代前半までに発達を終えます。

未発達の状態で手術を受けても、またアポクリン汗腺が発達してきてワキガを再発するという可能性もあります。

ですから、中学生、高校生のワキガ手術はおすすめできません。

まだ育ちざかりですし、手術は本人が大人になるまで待ってから、自分で判断して決定しても遅くはありません。

【あなたのワキガ臭の原因かも】アポクリン腺とは?

アポクリン汗腺とワキガ 満員電車や、混んだエレベーターの中、または接客中などで、自分の体臭が気になったことはありませんか? ワキガは、男性・女性に関わらず、意外と悩んでいる人が多い問題です。 特に夏場 ...

続きを見る

わきが対策には食生活が重要

ワキガに限らず体臭は、動物性脂質やタンパク質を多くとるとにおいが強くなります。

ですから、魚や野菜をメニューに多めに含めるようにしましょう。

海藻もワキガ臭を抑えるのに効果的です。

特にメカブには体内の脂肪を中和する働きがあるので気になるにおいを少しずつ抑える作用が期待できます。

ビタミンB6と亜鉛が不足するとにおいがきつくなる傾向があるので、ビタミンB6が多く含まれているさんまやカツオなどの赤身の魚、脂身の少ないヒレ肉などがおすすめです。

野菜や果物ならバナナ、唐辛子(乾燥)などに多く含まれます。

ですが、唐辛子のような刺激物は食べ過ぎるとかえって体臭を強めてしまうので注意しましょう。

バナナはそのまま食べるよりも、乾燥させたドライフルーツの方が多くビタミンB6を含んでいます。

亜鉛が多く含まれている食品の代表といえば牡蠣。他には豚レバー、鶏レバーなども亜鉛を多く含んでいます。

アーモンドやカシューナッツなどのナッツ類も亜鉛を含んでいるので、おやつをスナック菓子からバナナチップとアーモンドなどに替えるとにおいケアに効果的です。

もちろんサプリメントで補うのもOKです。

【いつも食べている物は大丈夫?】ワキガにいい食べ物と悪い食べ物とは?

わきが体質を増やす食生活 ワキガの原因は遺伝が多いと考えられていますが、それ以外にも原因があります。 それは「食生活」です。 昔の人たちは清貧な食事が多かったことに対して、現代では食の欧米化が進んでい ...

続きを見る

デオドラントクリームやスプレーがおすすめ

食生活の改善は大切ですが、それだけではなかなか効果を感じることはできません。

学校に行けば体育の授業や部活で汗をかきますし、閉め切った教室はにおいがこもりやすいので、すぐにケアしてあげたいものです。

ワキガケア専用クリームや、デオドラントスプレー、汗拭きシートなどを学校に携帯させてあげてください。

ドラッグストアで販売しているようなデオドラント製品では、汗の臭いは抑えられてもワキガの臭いまでは消せません。

持続力や消臭力が高いのはワキガ専用のケア用品なので、親御さんがネット通販などで購入してあげましょう。

学校で指摘されないように、いっけんワキガケアと分からないようなパッケージの製品を選んであげれば、友達に見られても恥ずかしくありません。

中学生ではアルバイトもできませんから、親から与えられるお小遣いの範囲でやりくりしなければなりません。

ワキガケア用品までお小遣いで購入するのは大変です。

そんな時こそ親の出番です。

ワキガは深刻な問題で、放置すれば心の傷になったり、いじめや不登校などを招く前に対処してあげてください。

ワキガはきちんと清潔にし、食生活や生活習慣を見直し、ワキガ専用のデオドラント製品を使えば臭いはかなり軽減されます。

ネット通販を調べれば、中学生でも安心して使える無添加や低刺激のワキガクリームが見つかるはずです。

万が一、肌に合わなくてもたいていの商品は返金保証がついています。

手術のリスクや費用を考えたら、何よりもお子さんから明るい笑顔を奪わないためにも、ぜひ早めにワキガケア用品を使うようにすすめてあげましょう。

【肌荒れはなぜ起きる?】ワキガ対策のデオドラント

エイトフォーなどのデオドラントはワキガ対策に良し悪し ワキガの方で、ワキのニオイが気になって、エイトフォーなどの制汗剤やデオドラントが手放せないという方は多いのではないでしょうか。 また、昨今では、ド ...

続きを見る

 中学生のほとんどはワキガを知らない

ワキガは独特のニオイがあるので、電車の同じ車両にワキガの人がいたり、エレベーターに乗っていたりすればすぐに分かります。

ですが、欧米と比べると日本にはワキガを発症する人が比較的少ないので、中学生くらいなら、ワキガの臭いとは分からないことがほとんどです。

親がワキガなら、臭いですぐ「この人はワキガだ」と判断できるかもしれませんが、そうでなければただ「ちょっと臭うな」くらいで済んでしまうことがほとんど。

ですから、クラスメートから気づかれる前に親が気づいてあげることが大切です。

子供にどのようにワキガを伝えるか悩んでいる親御さんは少なくありません。

自分で積極的にケアできるように、できるだけ早く伝えるのがベストですが、伝え方を誤ると子供の心を傷つけたり、反発心を招いてしまうこともあり得ます。

ワキガがどんなものかとこと細かに説明するよりは、思春期は汗をかきやすいから体がにおいやすいといった側面から話してみるのはどうでしょうか?

ワキガケアクリームと直接お子さんに言う必要はありません。

「脇の下は汗をかきやすいから、このクリームをお風呂上がりとか登校前に塗るとにおいが抑えられていいよ」など、軽い感じでプレゼントしてみてください。

部活などで汗をかきやすい環境に

中学生になると、小学生の頃と違って運動量がぐんと増えます。

運動部に所属すればなおさらです。

こまめにケアしないと、ワキガのにおいが強くなってしまいます。

ですが、何度も脇の下を拭いたり、1日に何度もクリームやスプレーを塗ると目立ってしまい、思春期のお子さんは恥ずかしく思ってしまいます。

ですから思春期の中学生のお子さんのワキガケアは持続性が大切。

朝塗るだけで、帰宅するまで効果が持続するような製品を選ぶのがベター。

学校に持って行くなら、ワキガ専用と分からないようなパッケージの使いやすいデザインの製品を選びましょう。

思春期は繊細で、他の人のちょっとした言葉、行動に傷つくものです。

自分でワキガケア用品を購入するのも恥ずかしいですし、異性の家族に知られるのを嫌がる子もいます。

家族の中でどのように配慮できるか、ご両親で考えてみてください。

不用意な言葉で子供を傷つけたり、悲しい思いをさせないようにしたいものですね。

【親の責任は重大】子供のワキガは大人がしっかりケアしてあげよう

子供のワキガは遺伝かも 親のどちらかがワキガの場合、子供にもワキガが遺伝する可能性大です。 親のどちらか一方がワキガでも、2人ともワキガではない両親から生まれた子供よりも発症する確率が高いです。 ワキ ...

続きを見る

-わきが対策

Copyright© APARTE-MEDIA , 2020 All Rights Reserved.