わきが対策

【人気のインナーとワキガの関係】ヒートテックはワキガと相性が悪いの?

更新日:

ヒートテックの素材とワキガ

近年「ヒートテック」は多くの人に重宝されています。

薄手でありながら1枚で温かさが持続するので、愛用者も多いです。

しかし、ワキガの人にとってヒートテックはあまりおすすめできません。

すべての人に当てはまるわけではないですが、ヒートテックを利用し始めてからワキガのニオイが酷くなったというケースもあります。

ヒートテックは温かさが持続する=通気性が良くないものです。

熱を逃がさない造りになっているため、通気性が良くないのは製品上仕方がないと言えるでしょう。

ワキガの程度によっては、熱を閉じ込める仕様が蒸れの原因になってしまいます。

そのため、ワキガ体質の人とヒートテックは相性が悪いと言われています。

愛用している人は、ニオイがひどくなっていないかを確認してみましょう。

あなたがワキガならヒートテックは避けるべき

ワキガ体質の人にヒートテックは、雑菌を繁殖させる環境になります。

そのため、ワキガ体質の人はヒートテックを避けるようにしましょう。

逆に綿素材のような通気性の良いものがおすすめです。

綿は肌触りも良く蒸れにくい特徴を持っているため、ワキガ体質の人におすすめされています。

綿だけではなく麻素材なども通気性が良いため、ワキガの人におすすめされています。

寒い時期は通気性が良いものを選ぶと風を通してしまうので寒さを覚えますが、ワキガのニオイに悩んでいる人は他の部分で防寒対策をするようにしましょう。

【ワキガに効くってウワサは本当?】ピーリング/お酢/ベビーパウダー/ポリフェノール/エタノールの効果

まずワキガの原因を知りましょう ワキガの特徴は脇の下で発生するにおいです。 ワキガのにおいの元になっているのは、アポクリン汗腺から出る汗です。 汗には2種類あり、1つはエクリン汗腺という汗腺から分泌さ ...

続きを見る

冬にワキガ臭がひどくなる人は衣類に注意して

ワキガのニオイがひどくなるのは、夏場というイメージですが冬もひどくなります。

これは寒さによって何枚も重ね着をした結果、蒸れやすい環境を作ってしまっているからです。

夏場と冬場と比較した時、冬場にニオイが強くなるときは衣類が原因の場合があります。

ヒートテックだけではなく、ポリエステルやナイロンなども蒸れやすい環境を作る素材です。

その結果、ワキガのニオイを強くしてしまう場合があるので気をつけましょう。

冬場に衣類の素材を変えることでニオイが軽減されたという人は少なからず存在します。

特に、多汗症気味の人はヒートテックなど風を通す素材と相性が悪いのです。

ワキガの悩みを持っている人は、色々と気をつけなければいけないことがあります。

しかし、逆を言えば注意することでニオイを軽減できるのです。

ワキガ体質の人におすすめされている素材もあるので、そういったもので防寒をしましょう。

【冬のほうが臭う?】冬こそワキガのケアを

あせもや汗染み、汗臭さなど汗に関するトラブルは夏に起こりやすいと思われがちですが、実はある調査によると4割以上の女性が「冬場の脇汗が気になる」と答えたのだそう。 ということはつまり、ワキガも冬だからと ...

続きを見る

ワキガ体質の人が注意すべき化学繊維素材の衣類

ワキガ体質の人に着用を避けていただきたいのは「ポリエステル」と「アクリル」を使用した服です。

これらの化学繊維素材は軽量で保温性が高く、すぐに乾くという強みがあります。

一方で、吸水性が低いという特性があるため、わきの下で汗をかいても吸収してくれません。

そのため、わきの周りは湿気がいつもこもった状態となります。そこで、汗や皮脂を好む雑菌が急速に繁殖する結果、ひどい臭いを発してしまうのです。

ポリエステルやアクリルには脂分を吸収しやすいという特性もあります。

そのため、雑菌が大量に繁殖した皮脂が生地に吸着してしまい、服そのものにワキガの臭いがこびりついてしまうという事態も起こり得ます。

ですから、化学繊維素材で作られた服はワキガで悩む人にあまりおすすめできないというわけです。

わきが対策にもなる天然素材の服

ワキガ対策としておすすめなのは「コットン」や「シルク」、「麻」などの天然素材を使用した服です。

これらの素材は吸湿性と通気性に優れているため、汗をかいたらすぐに吸収して発散してくれます。

わきの周りが蒸れにくくなるので、雑菌が繁殖しにくくなり、結果としてワキガの匂いも軽減できるというわけです。

コットンや麻は生地そのものが丈夫で長持ちしやすく、繰り返し洗濯機で水洗いしても傷みにくいという魅力もあります。

また、ワキガで悩んでいる人は、肩からわきにかけて通気性の良い形状の服を選ぶことも大切です。

首元がしまっている服や、体のラインが出るほどぴったりした形状の服を着用すると、わきの周りに湿気がこもりやすくなるため、ワキガの症状が悪化するリスクが高まるのです。

ワキガ体質も影響している黄ばみの原因は

ワキガ体質も影響している黄ばみの原因は、汗や皮脂と一緒に分泌される「リポフスチン」という成分です。

皮脂を綺麗に除去するためには、40度ないし50度のお湯に浸して洗うのが効果的です。

一方、リポフスチンは重曹を溶かした水で洗うと取れやすくなります。

また、雑菌の繁殖を抑えるため、洗濯時には除菌成分を配合した洗剤を漂白剤と合わせて使用すると良いでしょう。

とはいえ、汗をかく量が非常に多いという人は、脇汗パッドを使用して黄ばみを抑えるという方法をおすすめします。

【メリットとデメリット】脇汗パッドは効果あるの?

脇汗パッドとは 汗脇パッドとは、洋服の裏側の脇の部分に取り付けることで、ワキの汗を吸収し、洋服に汗ジミができないようにしてくれるものです。 脇汗が多い人にとっては必須アイテムといえるかもしれません。 ...

続きを見る

-わきが対策

Copyright© APARTE-MEDIA , 2020 All Rights Reserved.