わきが対策

【効果的な使い方】ワキガとミョウバン

更新日:

ミョウバンとは

ミョウバンとは、化学的に言うと「無水硫酸カリウムアンモニウム」という成分で、お菓子を膨らませたり、煮物のあく抜きなどに使ったりする食品添加物として、スーパーなどで広く販売されています。

現在こうして販売されているミョウバンの多くは化学的に合成されたものですが、天然のミョウバンは自然界からも採取できるため古くから制汗剤や消臭剤として使われていました。

食品としても口にしても大丈夫であることから、安全性についての信頼も高く、今でも多くの人に使われている成分です。

ワキガに効くミョウバンの種類

一般的にスーパーなどで売られており、料理などに使われるカリウムミョウバン以外にも、鉄ミョウバンやアンモニウム鉄ミョウバンなど違う種類のミョウバンもあります。

ワキガ対策に使われるのも、最もよくスーパーなどで見かけるカリウムミョウバンなのであまり間違えることはないでしょうが、購入する際には念のために間違えないように注意しましょう。

ミョウバンの効果的な使い方

ワキのニオイ対策としてミョウバンを使う場合、まず簡単なのは粉末をそのまま脇にこすりつける方法です。

この方法でも制汗効果があるので、コストを考えると制汗剤をつけるよりもおすすめです。

しかし、もうひと手間かけられるのであれば、ミョウバンを水に溶かしてスプレーにすれば、制汗だけでなく消臭効果も高まります。

ミョウバンは、水に溶けると酸性になる特性があるので、これをスプレーすると肌を弱酸性に保つことができます。

酸性の状態では、肌に雑菌が繁殖しにくいので、効果的ににおいを抑えることができるのです。

作り方は簡単で、水1.5ℓに対して、ミョウバン50gを入れて溶かすだけ。

水の代わりに緑茶を使うと、緑茶に含まれるカテキンの抗酸化作用でより消臭効果が高まります。

保管は冷蔵庫で行い、持ち歩く分だけ小分けにして使うのがおすすめです。

小さなボトルに入れておいて、ハンカチなどにつけて服用にすれば、外出先などでも手軽にワキガのケアができて便利ですし、最近は小さめのスプレーボトルなども売っているので、使いやすい容器に入れて持ち歩くのもよいでしょう。

また、お風呂にミョウバンを少量溶かすことで、殺菌力の高いお湯になるので、体臭の抑制に効果があります。

あまり入れすぎるとお湯が酸性になりすぎて浴槽などにダメージを与えることもありますから、少量入れる程度にしておきましょう。

ミョウバンは無色無臭ですし、入浴剤のような効果はありませんが、肌を衛生的に保ちたいという人にはおすすめです。

価格も安いので、入浴剤を入れるよりも費用も掛かりません。

【お酒とワキガの関係を整理する】ワキガはアルコール除菌が有効?飲酒は逆効果?

飲酒はワキガに悪影響 ストレス解消には欠かせないお酒ですが、ワキガ体質の人が飲むと体臭が強くなってしまうので注意が必要です。 アルコールには発汗作用があるため、お酒を飲むと強い臭いのある汗を出すアポク ...

続きを見る

ミョウバンの副作用は?

ミョウバンは食品添加物としても使われているものですから、基本的には副作用の心配をすることはありません。

しかし、稀にトラブルを起こす人もいるので、使う際にはやはり注意しながら使う必要があります。

たとえば、ミョウバンにはわずかですが金属成分が使われており、その金属の酸化還元作用によって消臭効果も高まります。

しかし、そのわずかな金属によって金属アレルギーの人はかぶれなどを起こすことがあります。

また、金属アレルギーでなくても肌トラブルを起こす可能性がないわけではありません。

使用したときに赤みや痛みが生じたり、湿疹ができたりといった症状が現れたら使用を中止し、治らなければ医師に相談しましょう。

また、ミョウバンには汗を抑える効果がありますが、本来発汗は体温調節のために必要な機能です。

使いすぎると、体温調節が上手くできなくなってしまうこともあるので、その点も注意しましょう。

【どこに注意すればいいの?】アレルギーや敏感肌の人が選びたいワキガクリームとは

アレルギー体質の人や敏感肌の人がワキガクリームで肌荒れが起きるのは? ワキガクリームには主に「雑菌の繁殖を抑える成分」と「汗の発生を抑える成分」の2つが配合されています。 このうち、制汗作用を持つ成分 ...

続きを見る

ミョウバンのおすすめの使い方

ワキガ対策のクリームやグッズはたくさん発売されていますが、それを長く使い続けることを考えると、費用の問題も出てきます。

ワキガのニオイなどはクリームでかなり抑えることができますが、治るわけではないので、永遠に使い続けなければならないのです。

そこで便利なのがミョウバンです。ミョウバンはスーパーやドラッグストアで数百円で手に入りますし、最近では100円ショップでも見かけることが多くなりました。

このミョウバンを水に溶かせば簡単に制汗・消臭スプレーになるので、コストパフォーマンスは抜群です。

安く作ることができるので、値段を気にせずにたっぷり頻繁に使えるのもメリットでしょう。

また、お風呂に入れれば全身の殺菌効果で体臭の抑制にもつながります。

お風呂に入れるといっても少量でよいので、コストはかなり低く抑えられるでしょう。

洋服についたワキガのニオイが気になる場合は、洗濯に入れて一緒に洗濯するのもおすすめの方法です。

殺菌効果があるので、部屋干しをして嫌なニオイが出にくくなります。

ワキガの選択はもちろん、梅雨時など部屋干しが増える時期には使ってみてはいかがでしょうか。

その他、靴などニオイが気になるものにスプレーをすることでニオイを抑えることもできます。

あちこちの消臭剤やスプレーを個別に買うよりは、どこにでも使えるミョウバンを買う方がかなりコストダウンできます。

【肌荒れはなぜ起きる?】ワキガ対策のデオドラント

エイトフォーなどのデオドラントはワキガ対策に良し悪し ワキガの方で、ワキのニオイが気になって、エイトフォーなどの制汗剤やデオドラントが手放せないという方は多いのではないでしょうか。 また、昨今では、ド ...

続きを見る

ミョウバンと重曹の違い

ミョウバンと並べて売られていることの多い重曹も、その違いが判らないという人が多いのではないでしょうか。

ミョウバンと同じでケーキを膨らませるのに使うこともありますし、アク取りなどで料理にも使います。

さらに消臭殺菌効果があるため、靴箱などに忍ばせている人もいるかもしれません。

ミョウバンと似たような効果をもつ重曹ですが、全く違う点はミョウバンが酸性であるのに対して重曹がアルカリ性だということです。

重曹を肌につけても、肌を弱酸性にたもってくれるわけではありませんので、ワキガを抑えるという点ではミョウバンを使ったほうがよいでしょう。

【絶好の機会】ワキガ対策・入浴時にできること

ウィルス感染 ワキガは、遺伝などによって現れる体質で、病気ではありません。 ウィルスなどがあるわけではないので、ワキガの人と接触しても移ることはありませんし、同じお風呂に入ってももちろん問題ありません ...

続きを見る

ミョウバンがワキガに効かないとき

ミョウバンは、食品としても使うなど体に優しい半面、即効性や絶対的な効果があるものではありません。

しばらく使っていても効果がない場合は、別の方法も試してみるとよいでしょう。

例えば、生活習慣の改善です。

肉類中心の食事から魚や野菜を中心とした和食型の食事を摂るように変え、炭酸や香辛料などの刺激物もできる限り避けるようにします。

こうした食材を控えることで、ワキガの原因となるアポクリン汗腺への刺激を抑えることができます。

体内に増える活性酸素はワキガなどのニオイの原因になりますので、抗酸化作用のあるビタミンC、ビタミンEなどの食品を積極的に摂るころも大切です。

有酸素運動の習慣をつけることも、体内での酸化を防ぐには有効です。

また、ワキガの程度によってはミョウバンではなかなかニオイを抑えるのが難しいという場合もあります。

その場合は専用のワキガクリームを使ったほうが有効です。

少しでも効果をアップするために、入浴時にはお風呂にミョウバンを入れ、つけるのはワキガクリームというふうに、上手く活用して行けるとよいでしょう。

ワキガクリームとして、最近はいろいろなメーカーからたくさんの製品が販売されているので、試供品を取り寄せるなどして自分の体質に合ったものを選ぶのがおすすめです。

【適当に塗るのはもったいない】わきがクリームの効果的な塗り方

使用量 ワキガクリームの場合、ワキガのニオイを抑えるために、大量に使ってしまいがちですが、たくさんつければよいというものではありません。 パッケージに記載されている使用量を守って使うのが最大の効果を出 ...

続きを見る

-わきが対策

Copyright© APARTE-MEDIA , 2020 All Rights Reserved.